厳選ショップのサラダバートップ

ビフィズス菌BB536


カゴメ植物性乳酸菌「ラブレ」カプセル通販森永乳業の「ビヒダスBB536 500円モニター」は、通販限定!ビフィズス菌BB536は、「善玉菌」の代表選手です!


カゴメ植物性乳酸菌「ラブレ」カプセル通販

森永乳業の腸研究!腸内環境を整える「ビフィズス菌BB536」

厳選ショップのサラダバートップ > 健康食品・医療 > ビヒダスBB536モニター > ビフィズス菌BB536

森永乳業の腸研究!腸内環境を整える「ビフィズス菌BB536」タイトル

◎「腸の時代をリードする森永乳業のビフィズス菌研究。

「腸の時代をリードする森永乳業のビフィズス菌研究。 近年、腸は「第2の脳」とも称されるが、これは脳からの指令なしに、独立して活動できることに由来する。そんな腸の中には数百種類、数百兆個という菌が住み着いて腸内フローラを形成しており、人間の健康に大きな影響を及ぼしている。
 森永乳業は創業以来、母乳と乳児栄養、そして乳幼児の腸内フローラの研究に取り組んできた。健康な乳児から「ビフィズス菌BB536」を発見し、1971年、日本で初めてビフィズス菌を乳最品へ応用することに成功。まさにビフィズス菌研究のパイオニアなのだ。



◎健やかな暮らしのカギ「腸内フローラ」とは?

健やかな暮らしのカギ「腸内フローラ」とは? 腸内に住む何百種類もの菌が形成する腸内フローラ。菌の中には私たちの健康に有益なものがいる一方で、有害なものもいる。悪い菌は有害物質を増殖させ、便秘や下痢などの症状を招くほか、発がん物質の増加によりがんのリスクが高まると推定されている。
 そんな腸内フローラの環境を整えるのが、森永乳業が発見し、長年にわたって研究を続けてきた「ビフィズス菌BB536」だ。便秘改善やインフルエンザの感染予防などの効果が確認されており、世界中で人々の健やかな暮らしを支えている。



◎赤ちゃんの健康を守る「ビフィズス菌」の力。

赤ちゃんの健康を守る「ビフィズス菌」の力。 生まれたての乳児の腸内には、菌が一切存在しない。生後1週間もすれば母乳の働きによってビフィズス菌で埋め尽くされ、有害な菌の侵入が阻まれて、乳児は健やかに育っていく。しかし、低体重で生まれた乳児の未熟な腸内にはビフィズス菌が住み着くことができず、有害な菌が繁殖してしまう。
 このような乳児に「森永乳業のビフィズス菌」を摂取させると、腸内環境が改善されることが明らかになっている。「森永乳業のビフィズス菌」は腸の中から乳児の健やかな成長を応援するのだ。



◎健やかな腸内環境を守る「ビフィズス菌BB536」。

健やかな腸内環境を守る「ビフィズス菌BB536」。 数百種類の菌によって形成される腸内フローラ。その状態は、食べものによって大きく変化する。例えば、あまり野菜を摂らずに肉ばかり食べていると、有益な菌が減少する一方、有害な菌が増殖してしまうのだ。しかし、「ビフィズス菌BB536」を継続的に摂ると、肉を食べてもビフィズス菌が減りにくく、有害菌もそれほど増えないことが判っている。
 健康な腸内フローラを維持するため、肉類を多く摂る際には「ビフィズス菌BB536」を含む食品併せてを食べるように心掛けたい。



◎便秘と戦う人の強い味方「ビフィズス菌BB536」。

便秘と戦う人の強い味方「ビフィズス菌BB536」。 便秘に悩まされる人は、年齢を重ねるにつれて増えていく。これは加齢による腸内フローラの変化の影響が考えられるが、便秘気味の人が「ビフィズス菌BB536」を含む食品を食べると、腸内の有害物質が減少して症状が緩和されたという研究報告がある。また、流動食を食べている高齢者が「ビフィズス菌BB536」を摂ると、「便秘気味の人は排便回数が増加し、下痢気味の人は排便回数が減少する」という結果も得られた。
 排便に問題を抱える人には「ビフィズス菌BB536」の摂取をおすすめしたい。



◎ストレス社会を生きる人に「ビフィズス菌BB536」。

ストレス社会を生きる人に「ビフィズス菌BB536」。 慌ただしい現代社会においては、ストレスにより精神的な疾病を患う人も少なくないが、最新の研究では腸内フローラがストレスに影響を与えることが分かってきた。腸には多くの神経細胞が存在しており、腸内フローラが脳や精神疾患にまで影響を及ぼしていると見られるのだ。
 動物実験等では、腸内フローラの変化に応じて性格まで変化したり、「ビフィズス菌BB536」の摂取によってストレスが軽減されるという結果も得られている。今後もさらなる研究に進展に期待したい。



◎腸内の健康リスク抑制に期待「ビフィズス菌BB536」。

腸内の健康リスク抑制に期待「ビフィズス菌BB536」。 腸に関わる病は、症状の軽いものから重篤なものまで幅広いが、腸内フローラが影響していることが多いという。腸内で有害菌が増えることで健康リスクが高まると考えられているのだ。
 そんな中で注目を集めているのが「ビフィズス菌BB536」。有害金ETBFを減少させるなど、腸内の健康リスクを抑える働きを持つことが分かってきた。「ビフィズス菌BB536」を一定期間摂取した人とそうでない人との間での、腸内の健康リスクや体調回復速度の比較など、様々な研究が行われている。



◎”人”の健康を支える善玉菌「ビフィズス菌BB536」。

”人”の健康を支える善玉菌「ビフィズス菌BB536」。 私たちの健康に大きな影響を及ぼす腸内フローラ。これを形成する善玉菌の代表格がビフィズス菌だが、実はすべてのビフィズス菌が人に対して有益に働くわけではない。人と、マウスや豚などでは保有するビフィズス菌の種類が異なり、当然ながら人由来のものと相性が良いのだ。
 例えば、ロンガム種やブレベ種と呼ばれるものなどがそうで、特にロンガム種は乳児から高齢者までの腸内に存在する。「ビフィズス菌BB536」もその一種であるからこそ、様々な健康効果を持つと考えられる。



◎「ビフィズス菌」と「乳酸菌」それぞれの特性とは?

「ビフィズス菌」と「乳酸菌」それぞれの特性とは? 善玉菌の代表格として知られる「ビフィズス菌」と「乳酸菌」だが、腸内フローラにおける割合は、ビフィズス菌の方がはるかに高い。成人の腸内フローラでは、乳酸菌の100倍以上の数のビフィズス菌が生息しており、腸内フローラにも大きな影響を与えている
 また、ビフィズス菌には、有害菌の増殖を抑制する酢酸を生成するという、乳酸菌にはない優れた特徴がある。「ビフィズス菌BB536」も抗菌力の強い酢酸を生成し、腸内フローラに良い影響を及ぼすということが分かっている。



◎高齢者の免疫力を高める「ビフィズス菌BB536」。

高齢者の免疫力を高める「ビフィズス菌BB536」 腸内フローラは、年齢を重ねるにつれて変化する。このことは遺伝子を用いた解析でも明らかにされており、高齢者の健康との関係も注目されている。
 近年では腸内環境の改善に役立つ「ビフィズス菌BB536」の摂取が健康にもたらす様々な効果が報告されているが、その代表的なものがインフルエンザの感染予防だ。一般的に、免疫力は加齢に伴って落ちていくものだが、高齢者にビフィズス菌BB536を摂取してもらう試験では、免疫力の向上と、インフルエンザの感染率低下が確認されたのだ。



◎「ビフィズス菌BB536」が免疫システムにも影響。

「ビフィズス菌BB536」が免疫システムにも影響。 近年、腸内フローラと全身にわたる免疫システムとの関わりが注目を集めている。腸内フローラを構成する善玉菌の代表格であるビフィズス菌には、免疫を活性化させるだけでなく、アレルギー予防につながる様々な効果が期待できることも分かってきた。
 花粉症を患う人が「ビフィズス菌BB536」を摂取すると、鼻水や目のかゆみ等の症状が抑えられることが報告されている。胎内にいる時に母親がビフィズス菌を摂り、生後も摂取させた赤ちゃんはアレルギースコアが低減することも分かっている。



◎世界に健康を届ける森永乳業のビフィズス菌研究

高齢者の免疫力を高める「ビフィズス菌BB536」 腸内フローラは、人の健康に大きく影響しており、ビフィズス菌が非常に重要な役割を果たしている。このことは国内外でも広く知られており、ビフィズス菌は欧米やアジアの数多くの国で活用されている。
 森永乳業はビフィズス菌の研究に関して50報以上の臨床試験を行ってきた。また、米国の食品安全制度「GRAS」の取得等の成果をあげている。森永乳業はこれからも、腸内フローラと人の健康関する研究を積み重ね、ビフィズス菌を通じて世界に健康を届けていく。

出典:森永乳業ビフィズス菌研究所 http://www.chonaiflora.com


森永乳業「ビヒダスBB536」500円モニター募集中!
ビヒダスBB536 500円モニター|森永乳業詳細へ

▲森永乳業の腸研究!腸内環境を整える「ビフィズス菌BB536」トップへ 厳選ショップのサラダバートップ