厳選ショップのサラダバートップ

東京の節分・豆まきイベント



東京の節分・豆まき2017!一年の邪気払い!

厳選ショップのサラダバートップ > 東京のお祭り・イベント情報 > 東京の節分・豆まき2017

2月3日今年も、一年の邪気払いに東京の節分へ行こう!
おうちでも”おには〜そと、ふくは〜うち”と豆まき!



[池上]池上本門寺の節分祭・豆まき

池上・池上本門寺節分祭節分追儺(ついな)式
【豆まき時間】15:00〜 【場所】大堂前特設桟敷
【アクセス】東急池上線「池上駅」下車徒歩10分
【TEL】03-3752-2331
【吉例出仕予定】天龍 源一郎(元プロレスラー)/武藤 敬司(プロレスラー)/秋山 準(プロレスラー)/曙(プロレスラー)/丸藤 正道(プロレスラー)/中嶋 勝彦(プロレスラー)/宮原 健斗(プロレスラー)/長与 千種(プロレスラー)/KAI(プロレスラー)/HASEGAWA(プロレスラー)/こぞうくん(マスコット)/若村 麻由美(俳優)/大倉 正之助(大鼓方能楽師)/加藤 俊彦(神楽師)/一龍斎 貞鏡(講談師)/平 将明(衆議院議員)/松原 秀典(大田区議会議員)/深川 みきひろ(大田区議会議員)/深川 みきひろ(大田区議会議員)/ミスター高橋(レフリー)/紗夜(タレント)

池上・池上本門寺節分祭


[芝公園]増上寺の節分祭・豆まき

芝公園・増上寺豆まき節分追儺(ついな)式
【豆まき時間】12:00〜 【場所】大殿前特設舞台
【アクセス】都営地下鉄三田線「御成門駅」「芝公園駅」下車徒歩3分
【TEL】03-3432-1431

芝公園・増上寺豆まき


[府中]大國魂神社の節分祭・豆まき

府中・大國魂神社節分祭大國魂神社節分祭
【豆まき時間】14:00/16:00/18:00
【アクセス】京王線「府中駅」下車徒歩5分
【TEL】042-362-2130
【豆まき式 主催者団体奉納】
【14:00〜】

・「手裏剣戦隊ニンニンジャー」 俳優 西川 俊介
・フットサルチーム 府中アスレティックFC
・ミス府中 永瀬 のぞみ/新井 希美/別所 優香
・ミスさわやか 崎山 るり子
・府中市マスコットキャラクター ふちゅこま
・府中観光協会キャラクター 古都見ちゃん
・府中市商店街連合会キャラクター フーちゃん
・京王電鉄(株)けい太くん

【16:00〜】
・「手裏剣戦隊ニンニンジャー」 俳優 西川 俊介
・東芝ラグビー部 ブレイブルーパス
・サントリーラグビー部 サンゴリアス
・ミス府中 永瀬 のぞみ/新井 希美/別所 優香
・ミスさわやか 崎山 るり子
・府中市マスコットキャラクター ふちゅこま
・府中観光協会キャラクター 古都見ちゃん
・府中市商店街連合会キャラクター フーちゃん
・京王電鉄(株)けい太くん

【18:00〜】
・日本相撲協会 田子の浦部屋 横綱 稀勢の里寛関 他
・女優 真飛 聖
・FC東京
・歌手 木谷有里/高木ちえ美/つかさかず樹
・棋士 中倉彰子/宏美
・ミス府中 永瀬 のぞみ/新井 希美/別所 優香
・ミスさわやか 崎山 るり子
・府中市マスコットキャラクター ふちゅこま
・府中観光協会キャラクター 古都見ちゃん
・府中市商店街連合会キャラクター フーちゃん

府中・大國魂神社節分祭


[浅草]浅草寺の節分祭・豆まき

[浅草]浅草寺節分節分会(せつぶんえ)
【豆まき時間】16:00〜/13:30
【場所】本堂東側に用意された特設舞台
【アクセス】東京メトロ銀座線「浅草駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3842-0181
【16:00〜】
楳若勧二郎/小野由紀子/木曽さんちゅう/さがみ三太/猿若清方/猿若清三郎/松旭斉小天華/白滝まつり/(ナイツ)塙宣之/(ナイツ)土屋伸之/なべ かずお/新山ひでや/新山やすこ/春風こうた/春風ふくた/林家三平/はやの みこみ/黛志芳/宮田章司/宮田陽/宮田昇/室町あかね/瀬古利彦/M高史/尾 上松太郎/シーザー武志/RENA

【16:20〜】
あした順子/甘味けんじ/内海桂子/春日宏美/笹みどり/三遊亭若圓歌/世志凡太/園田みゆき/(Wモアモア)東城けん/(Wモアモア)東城しん/毒蝮三太夫/西村協/幡千恵子/風呂わく三

【16:40〜】
青空たのし/大上こうじ/桂文治/ザ・ニュースペーパー/三遊亭金時/千羽ちどり/高城美輝/ニックス・エミ/ニックス・トモ/真木淳/松島トモコ/めだちけん一/浅草観光振袖学院

【17:00〜】
桂伸治/三遊亭金馬/橘右之吉/西尾夕紀/林家正蔵/ファイティング原田/水 谷八重子/柳家蝠丸/山田太郎/浅草すず柳/浅草七助/浅草乃り江/浅草千 乃/浅草紫沙/浅草千文/浅草千華

[浅草]浅草寺節分


[溜池山王]日枝神社の節分祭・豆まき

[溜池山王]日枝神社節分祭節分祭(せつぶんさい)
11:30〜 【場所】神社内庭の特設舞台
【アクセス】東京メトロ銀座線「溜池山王駅」下車徒歩3分
【TEL】03-3581-2471
【特別年役】清國勝雄、増位山太志郎、琴奨菊、琴恵光、三宅義信、真矢ミキ、岡田結実、西田あい、天野一菜

[溜池山王]日枝神社節分祭


[神田]神田明神の節分祭・豆まき

[神田]神田明神節分祭節分祭(せつぶんさい)豆まき式
14:00〜
【アクセス】JR「御茶の水駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3254-0753

[神田]神田明神節分祭


[飯田橋]東京大神宮の節分祭・豆まき

[飯田橋]東京大神宮節分祭節分祭(せつぶんさい)
16:00〜
【アクセス】JR「飯田橋駅」下車徒歩3分
【TEL】03-3262-3566

[飯田橋]東京大神宮節分祭


[日本橋]水天宮の節分祭・豆まき

[日本橋]水天宮の節分祭節分祭(せつぶんさい)
【豆まき時間】14:30〜/15:30〜/16:15〜/16:45〜
【アクセス】東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅(5番出口)」下車徒歩1分
【TEL】03-3666-7195

[日本橋]水天宮の節分祭


[神谷町]愛宕神社の節分祭・豆まき

[神谷町]愛宕神社の節分祭節分お福分け祭り
【豆まき時間】12:30〜
【アクセス】東京メトロ日比谷線「神谷町駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3431-0327

[神谷町]愛宕神社の節分祭


[浅草]鷲神社の節分祭・豆まき

[入谷]鷲神社の節分祭節分祭(せつぶんさい)
【豆まき時間】15:00〜/16:00〜
【アクセス】東京メトロ日比谷線「入谷駅」下車徒歩7分
【TEL】03-3876-0010

[入谷]鷲神社の節分祭


[神楽坂]毘沙門天(善国寺)の節分祭・豆まき

[神楽坂]毘沙門天(善国寺)の節分祭節分豆まき式
【豆まき時間】15:30〜
【アクセス】JR「飯田橋駅」下車徒歩7分
【TEL】03-3269-0641

[神楽坂]毘沙門天(善国寺)の節分祭


[中野坂上]宝仙寺の節分祭・豆まき

[中野坂上]宝仙寺の節分祭節分会柴燈大護摩供(せつぶんえさいとうだいごまく)
【豆まき時間】16:30〜 【場所】宝仙寺境内
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3371-7101

[中野坂上]宝仙寺の節分祭


[中野]新井薬師 梅照院の節分祭・豆まき

[中野]新井薬師 梅照院の節分祭節分会追儺(ついな)式
【豆まき時間】16:30〜
【アクセス】西武新宿線「新井薬師前駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3386-1355

[中野]新井薬師 梅照院の節分祭


[高円寺]妙法寺の節分祭・豆まき

[高円寺]妙法寺の節分祭節分会
【豆まき時間】15:00〜 【場所】境内
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」下車徒歩13分
【TEL】03-3313-6241
【節分奉納落語】
開演:午後1時〜/場所:堀之内妙法寺 休憩所/入場無料
出演者:古今亭 今いち/檜山 うめ吉

[高円寺]妙法寺の節分祭


[調布]深大寺の節分祭・豆まき

[調布]深大寺の節分祭節分会
【豆まき時間】11:30〜/13:30〜/15:30〜
【アクセス】京王線「調布駅」下車バス15分
【TEL】042-486-5511

[調布]深大寺の節分祭


[高尾山]高尾山薬王院の節分祭・豆まき

[高尾山]高尾山薬王院の節分祭節分追儺(ついな)式
【豆まき時間】5:00(早朝豆まき)〜/9:00〜/10:30〜/12:00〜/13:30〜/14:30〜
【場所】大本堂
【アクセス】京王線「高尾山口駅」下車乗り換え、高尾登山電鉄ケーブルカー「高尾山駅」下車
【TEL】042-664-1115
【特別来場参加者】片男波部屋の方々/北島三郎/北山たけし/大江裕/柳家小さん/丘みつ子/高橋光代/フラチナリズム/山本裕典/八王子中屋ボクシングジム/八王子芸妓の方々など

[高尾山]高尾山薬王院の節分祭


[虎ノ門]金刀比羅宮の節分祭・豆まき

[虎ノ門]金刀比羅宮の節分祭節分追儺(ついな)式
【豆まき時間】12:30〜 【場所】神楽殿
【アクセス】東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」2番出口より徒歩1分
【TEL】03-3501-9355

[虎ノ門]金刀比羅宮の節分祭


[門前仲町]富岡八幡宮の節分祭・豆まき

[門前仲町]富岡八幡宮の節分祭節分豆撒き式
【豆まき時間】16:15〜
【アクセス】東京メトロ東西線「門前仲町駅」下車徒歩3分
【TEL】03-3642-1315
【ゲスト】大嶽忠博/友鵬勝尊/闘鵬聡志/みのもんた/テリー伊藤/大和田伸也/五大路子/大和田悠太/大和田健介/日向薫/嘉門達夫/甲斐京子/岩崎良美/山井綱雄/立川談笑/オスマンサンコン

[門前仲町]富岡八幡宮の節分祭


[代々木]代々木八幡宮の節分祭・豆まき

[代々木]代々木八幡宮の節分祭節分祭
【豆まき時間】15:30〜
【アクセス】東京メトロ千代田線「代々木公園駅」・小田急線「代々木八幡駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3466-2012

[代々木]代々木八幡宮の節分祭


[新宿]花園神社の節分祭・豆まき

[新宿]花園神社の節分祭節分祭追儺(ついな)式
【豆まき時間】15:00〜
【アクセス】東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口徒歩0分
【TEL】03-3209-5265

[新宿]花園神社の節分祭


[高幡不動]高幡山不動尊金剛寺の節分祭・豆まき

[高幡不動]高幡山不動尊金剛寺の節分祭節分豆撒式
【豆まき時間】10:00〜/11:00〜/13:00〜/15:00〜/16:00〜
【アクセス】京王線・多摩都市モノレール「高幡不動駅」下車徒歩5分
【TEL】042-591-0032
【ゲスト】東貴博/つのだ☆ひろ/寺泉憲/岩崎愛子/藤原浩/小市慢太郎/稲村亜美/ミス日本グランプリ/ハローキティ/市晴・小なみ(祇園舞妓)/ピーポくん/キュータ/イータ

[高幡不動]高幡山不動尊金剛寺の節分祭


[市ヶ谷]市谷亀岡八幡宮の節分祭・豆まき

[市ヶ谷]市谷亀岡八幡宮の節分祭節分祭追儺(ついな)式
16:00〜 【場所】社頭
【アクセス】JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線「市ヶ谷駅」下車すぐ
【TEL】03-3260-1868

[市ヶ谷]市谷亀岡八幡宮の節分祭


[青梅]武蔵御嶽神社の節分祭・豆まき

[青梅]武蔵御嶽神社の節分祭節分祭
【豆まき時間】11:00〜/12:00〜/13:00〜
【アクセス】JR「御獄駅」下車、バスにて「ケーブル下」下車、「滝本駅」よりケーブルカーにて「御岳山駅」下車徒歩25分
【TEL】0428-78-8500

[青梅]武蔵御嶽神社の節分祭


[乃木坂]乃木神社の節分祭・豆まき

[乃木坂]乃木神社の節分祭節分祭
15:30〜 【場所】境内
【アクセス】東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車1番出口徒歩1分
【TEL】03-3478-3001

[乃木坂]乃木神社の節分祭


[東向島]白鬚神社の節分祭・豆まき

[東向島]白鬚神社の節分祭節分祭
15:00〜
【アクセス】東武スカイツリーライン「東向島駅」下車
【TEL】03-3611-2750

[東向島]白鬚神社の節分祭


[元赤坂]豊川稲荷東京別院の節分祭・豆まき

[元赤坂]豊川稲荷東京別院の節分祭節分会追儺(ついな)式
14:00〜
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3408-3414
【出席予定者】(大嶽部屋より)大嶽親方・友鵬 勝尊/林家 正蔵/林家 三平/海老名 香葉子/海老名 有希子/国分 佐智子/林家 種平/林家 鉄平/林家 錦平/林家 たい平/林家 しゅう平/林家 源平 /林家 のん平/林家 たけ平/林家 ぷー子/有村 実樹/IKKO/岩崎 ひろみ/内海 桂子/片岡 信和/金田 賢一/久里 千春/健 謝得/小林 香菜 /沢田 雅美/三遊亭 若圓歌/純歌/勝呂 誉/丹波 義隆/高木 ブー/茅原 ますみ/露木 茂/毒蝮 三太夫/中嶋 朋子/中村 メイコ/仲本 工事 /根津 俊弘(ねづっち)/橋本 大輝/日野 美歌/ポカスカジャン 大久保 ノブオ/ポカスカジャン 省吾/ポカスカジャン タマ 伸也/松村 邦洋/眞帆 志ぶき/村上 豪/柳家 さん吉/矢野 悦子/山田 邦子/結城 貢/吉村 明宏

[元赤坂]豊川稲荷東京別院の節分祭


[赤坂]氷川神社の節分祭・豆まき

[赤坂]氷川神社の節分祭節分会追儺(ついな)式
17:00〜
【アクセス】東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」下車徒歩5分
【TEL】03-3583-1935

[赤坂]氷川神社の節分祭


[亀戸]亀戸天神社の節分祭・豆まき

[亀戸]亀戸天神社の節分祭節分追儺(ついな)式
17:30〜
【アクセス】総武線「亀戸駅」下車北口より徒歩15分、総武線、東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」下車北口より徒歩15分
【TEL】03-3681-0010

[亀戸]亀戸天神社の節分祭



[旧暦の大晦日に行う節分祭

 豆まき節分の起源は、中国から伝わり、平安時代から宮中で行われていた「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式。これに宮中で節分(旧暦の大晦日)に行われていた方違えの儀式や豆打ちが融合し、今日に伝わる節分の儀式ができあがっていきました。
 旧暦では、立春(2月4日)が一年の始まり(1月1日)であったことから、大晦日にあたる2月3日に一年の邪気をすべて祓ってしまう鬼払いの儀式が必要となったのです。
 ちなみに節分とは、本来、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す言葉ですが、江戸時代以降は立春の前日(新暦の2月3日)だけを指すようになりました。

[「鬼は内」という風習も]

庶民に広まった江戸時代には、邪気を祓うため、節分の日の夕刻に柊鰯(柊の枝に鰯の頭を刺したもの)を戸口に立てるなどの風習も行われた。鬼を祀っている神社や鬼の名を冠する神社では、豆まきの際に「福は内、鬼は内」と声にすることが多い。

(よくわかる!神社神宮より)





厳選ショップのサラダバートップ
▲東京の節分 2017 神社・寺院の豆まきイベント節分祭情報トップへ